ブログ

初めてキック・アスという作品のパッケージを見た時は正直、制作された方々には申し訳ないのですが、安っぽい作りだし有名な人も出てなくて面白くなさそうだと思いました。

 

しかし、見てみるとニコラス・ケイジが出ていたり制作にブラッド・ピットが関わっていたりするので驚きました。そして、ヒロインはクロエ・グレース・モレッツという女の子で、映画公開当時はまだ13歳くらいなのですが、この幼さの残る女の子が派手なアクションを繰り広げたり、険しく顔を歪めて暴言を吐きまくります。そんなことまで言っちゃうの?という感じでした。そのギャップが面白くもあるのですが。

 

そして、クロエちゃんはこの作品で演じたヒットガールというインパクトの強い役をキッカケにトップスターへの道を駆け上っていきます。少し前にはジブリ作品の「かぐや姫の物語」のかぐや姫役のアメリカ版声優を勤めていたそうです。

 

映画のストーリーはというと、アメリカンコミックが原作で、なんの才能もないオタクの主人公がヒーローに憧れて・・・という王道的ものなのですが、この主人公は他のヒーローとは違い、超能力も特殊な才能もありません。そういったものに後天的に目覚めることもありません。しかし、彼には誰にも負けない正義感、正義への信念があります。それを武器に戦っていくのですが、どれだけボロボロにされても信念を曲げない姿には感動させられました。

 

現在2作目まで公開されているのですが、この1作目は公開される劇場数が少なかったにも関わらず大人気だったようです。どちらも面白いので、興味があればこの1作目から観ることをオススメします。

続きを読む≫ 2017/08/20 22:57:20

米PGAツアーもキャデラック・マッチプレー選手権が今日から始まり、松山英樹が日本からただ1人出ております。ところでプロツアーは、昔はマッチプレー競技が多かった時期もありましたが。ここ20年ぐらい前からは、ほとんどストロークプレー競技になってしまいました。私なんかは、マッチプレーの良さを知っている人間なので、ツアー協議でもマッチプレーをやってほしいと思いますが、放送時間の関係で出来なくなってしまいました。アメリカ及び日本でも、「マッチプレーの鬼」と言われた選手は大勢いますが、なかでも思い出すのが高橋勝成」でしょう。

 

彼はマッチプレー3回優勝しておりマッチプレーを分かっている選手の1人だと思います。今の選手の中では、マッチプレーをやった選手はいるのでしょうか?競技としてほとんどいないと私は思います。日本はおろかヨーロッパとアメリカの選手でさえやったことがあまりないと私は思います。多分、「石川なんかはもうだっめだと思います」、でも、「何が起こるか?分からない」今年は、何が起こるかわかりません。そういう努力をしている人(選手)がマッチプレーを制覇するのがひとつのいいところであります。

 

また、マッチプレーを制覇すると「5年シード」がつくので、そういうところも見ものだと思います。競技として、グリーンにのった後のパットのカップに入らなくてもOKが出るのは、30センチ未満だと私は思いますが……いずれにしても、あまり行なわれなくなったマッチプレーを楽しみにしてください。

続きを読む≫ 2017/08/20 22:56:20

婚活サイトで誰かいい人を探すとき、自分の条件を当てはめて、それに適応する人が自然と絞り込まれていきますよね。例えば、住んでいる場所、自分の趣味、そして年齢や外見なども自分の希望に合わせることも可能なのです。

 

婚活サイトやアプリがあるとあまり苦労をすることなく、それが出来るので、いいなあと思うのです。以前婚活サイトが無い時は自分に合う人を選択することはできませんでした。男性と知り合うため、男性と付き合っていくためには、多少の妥協が必要だったのです。でも今はあらかじめ男性を絞り込んでから選ぶことが出来ます。

 

この方法で男性を選ぶと、あーこの人を選んで失敗した!とあとから思うことは少ないような気がします。結婚をしたいと思った時に、無駄に誰かと付き合って探すよりももっと効率的に、はじめから自分に合いそうな人を選んで探すことが出来るのです。

 

婚活サイトや婚活アプリがあると結婚までの期間が短くなったような気がします。その点で今の時代の子はいいなあとうらやましくなるのです。オタク 彼女を探そうとする場合にもいいかもしれません。要はどんな人でも恋人を見つけやすいということかな。

続きを読む≫ 2017/08/20 22:51:20